« いろいろな波の中で | トップページ | よい日のはじまり »

2015年11月 9日 (月)

自殺・限界を超えない

midoはこの病気になって、自殺実行がとまらなくなりました。
そして自傷もひどくしました。
この病気の症状については、以前書いた1回目の続きをいずれ書きたいので、
そのときとダブってしまう内容になるかもしれないのですが、少し書かせていただきます。

症状が最高潮の時は、
もう思考が完全に「死なないと迷惑がかかる」「世界で私は一番汚れている」という世界に
溺れてしまいました。

私は、首つりを一回、自分で首をしめて3回気絶、病院でも一回実行して、目の血管が切れ
目の中を出血させました。
あとは、自傷行為。
目に、体の痛みを止めるための電気治療の電流を直接流す、歯を抜く(涙)←ただでさえ
私は粘膜が弱いため歯が大変なのに、あまりにも痛くて、耐えられなかったのです。
そして自分の病気は自分の罰なのだ、と思い込み、自分を傷つけないといけない、と思ってしまった。
(でも影で病気から抜け出したい、という反動もあったのだと思う、病気のところばかり自分で攻撃したから)

顔をカミソリで切り刻もう、指をとろう、と本気でしました。
私は心も体も汚くて、本当に、それが一番ふさわしいのだ、家族のためにそれしかない。
それしか道がない、ああ、もう道がないのだと完璧に思い込んだのです。
(ずっと言われ続けた、殺す、死ね、という親や施設の先生の言葉も深い中にしまってあったのだと思う)

死にとりつかれた、という感じです。
病気の症状は本当恐ろしいものでした。

だって、その前は、死にたいと、何分おきにいってくる人たちに、大丈夫といつもいつも連絡を返して、
励まして、命は大事だと深くから思っていたのです。
midoちゃんに相談すれば、大丈夫。
そうやって頼りにされてきました。そういうエネルギーを私は、使いすぎたのかもしれません。

死にたい、と半狂乱で言ってくる人たちは、親から性的虐待を受けたり、集団的に暴行をうけたり、
病院でもカウンセラーでもあたためてもらえないほど、苦しい、とても胸の痛いものでした。

私はその悲しみと苦しみに何年ものまれないように、必死にコントロールしてきましたが、
気持が痛いほどわかり、共鳴しすぎて、昼も夜も心が痛くなり、そのあとに吐いたりしました。
自分の限界をこえていたのです。
相手の気持ちが強すぎて、自分の気持ちと一緒になってしまいました。
それに体の痛みという要素も加わり、自殺に向かったのだと思います。

私は実は、高校のときもアスピリン系をODをしたことがあります。
このころも精神がほんの一時ですが、やんでいたのでしょうね。

施設から出て、地元の高校へ行ったときの先生からの差別。
家での親との関係、久々に帰ってきた家でのなれない生活。父の怒鳴り声、いつもびくびく。
生徒からのいじめ。まあ、いじめのある学校だったので、私のいじめなどたいしたことなかったけれど。
付き合っていた彼が、親友と同棲をはじめたこと。などなどが重なっていき、
そして極め付けは体の痛み。

限界をこえたのでしょうね、私は薬ショックがありますが、幸いそのときは、
飲んでしばらくした後、何やっているんだ!と正気にもどって、自分で吐き出し、フラフラになりながら、
誰にもばれずに学校に行きました。
でも、そのときの後遺症、血液が固まりにくい、というものが残っているのです。

2年前の自殺の時は、もう途中で正気に戻ることはなかったのですね。
病院で拘束して2日たたないと、正常にならなかったのです。
後遺症も残りました。小さな血管が目も首も切れ、いまもいろいろ支障がありますが、命は無事でした。

この自殺を図る前は、痛みで気が狂いそうでした。まあ、狂ったのですが(汗)

先月、私は、久々に大きな痛みに見舞われました。
自分の痛みレベルからすると、10段階で9.5くらいです。

一か所に自分の体を置いておけなくて、ヘッドバッキングするように、はいまわり、
極限状態になり、気絶しました。
その前に薬を母に飲ませてもらったのですが、
薬が効くのが間に合わなかったのです。
そして以前のように痛みは長続きせず、2日で痛みは7.5くらいにレベルダウンし、
普通の心になりました。

気絶寸前、思考は穏やかなときもあるけれど、時には恐怖になります。
「こんな痛くてなぜ死なないのだろう、ならば、死ぬときはどんなに痛いのだろう」
「神様はやっぱり私に罰を与えているのではないか?」
という感じになります。

少しでも落ち着けば、すぐ平常運転、平常モードに切り替えられるのですが、
やはり限界、というものはあるのだなー、と先月の痛みで妙に納得しました。
この2年、こんなに強い痛みはなかったので、すっかりこの精神状態を忘れていたのです。

この痛みが日常に十何年続き、周りの環境が悪かったら、
やっぱり私にとっては限界、自殺に追い込まれて当たり前だなあ、と。

私は特別に痛みが強いのだそうで、そのせいか、昔から痛みにたいしても、耐えることができます。
虫歯も手術も麻酔を使わなかったり、ほとんど使用しなかったりします。
だから、この痛みを耐えることができると信じていた、けれど、やっぱりやっぱり私にも限界があるのだと。
はじめて、ああ、そうか、人には限界があるのかと。

何が言いたいかというと、人には限界があるんだな。と当たり前のことですが^^;;


私の精神の不安定は、体の原因が主なのですが、
それでも環境、いろいろな要素が絡まります。
小さいころのトラウマも顔を出してしまうこともあります。
そういう要素が多くなっていくと、限界マックス状態を作りやすいです。

無理なときは動かない。
明るくできないときは、明るくしない。
明るくして少しでも楽になりそうなときは、明るくする。
落ち込めるときは、落ち込む。
落ち込まなくても、いけそうなときは、落ち込まない。
人が怖いときは、人といて疲れるときは、自分を守る。
ゆるゆるでいく。

そういう日々の自分の選択、自分を大事にして決めていくこと、
そしてどんな内容でも、自分の決めたことに誇りを持つ。
その決めたことよって、何かあっても後悔しない。
反省があればそれを生かすだけ。

自分に感謝していく。
その積み重ねが、限界、マックス状態をつくらない気がします。

私はまだまだそういうところが本当に未熟なのです。

たぶん、この病気になる方の特徴の一つに、周りのことが気になって、
自分の本当の心がよくわからない、ということもあると思います。

相手や環境や出来事のかかわりあいの中で、
自分のバランスをとるのが難しくなるのだと思います。

自分を大切に。

自分のことは、だれでもない自分自身が一番わかってほしいと思います。
惜しみなく自分を愛してあげよう。

社会や家族は価値観の中で自分を見るかもしれない。
外見で、持っているもので、病気で、経歴で見るかもしれない。

それはそれ。ほっといて、自分だけは、ただそのままの自分を見てあげよう。
そして一つひとつ自分の行動に自信をもっていこう。

その先には、ゆったりした自分に出会える気がします。
この病気になったおかげで、まったく見えてなかった
自分の足元がようやく照らされたような気がしています。

一歩一歩歩いていこうと思います。
これからどんな生き方になるか、楽しみにいきたいな。

命をたたなければいけないほど
追い詰められてしまうことのない社会になりますように。
みなが生きていける社会になりますように。
心の痛み、体の痛みが世の中からなくなっていくほど、あたたかい世界になりますように。

そして自分を大切に。
愛してあげよう。

ちょっと重めの内容でした。ごめんなさい。

« いろいろな波の中で | トップページ | よい日のはじまり »

病気のこと」カテゴリの記事

コメント

ねえさんは
壮絶な経験されてきたのですね。。。。 わたしも感受性が鋭いので、いろいろありましたが、わたしの自殺未遂なんて、ねえさんの心身の傷に比べたら、かすり傷程度のものです。
背骨の骨折で済んだけど、オペ成功の4日後に外国にいる(青年海外協力隊で外国で活動している)姉(23)が 交通事故死してしまって、そっちの方がショックでしたよー(-_-)
あたしが助かったせいで、姉が亡くなったんだなーと責めて責めて、病院でワンワン泣きましたねー。自分勝手なことをすると、こういう罰が当たるものです。私はオペが成功していなければ、下半身不随で、シモの世話から全部人にしてもらわなければならなかった。。。今は後遺症も消えて、ふつうに生活できるけど、飛び降りたとき、打ち所が背中でよかった😁 オペしてから何年も痛みでつらかったけど、今は元気に散歩したりできます。

ねえさんが自殺未遂をしても、助かって今生きていることに わたし感謝していますよ。
生きていなければ、こうしてお会いできませんでしたからネ(^o^)/

あ、干し柿なんですが、ホットケーキの粉で 天ぷらにしても、美味ですよん(^_-)-☆

>まきねえさん^○^

まきねえさんおはようございます☆

まきねえさんが壮絶な経験をされてこられたこと、のりこえたり、みえてきたこと、
ブログに綴られる言葉、迷いのない文章で伝わってきた気がしていましたが、
まきねえさんのコメントを読ませていただいて、本当に生きてきてくださってよかった、って心から思ったよ。

いろいろととてもつらかったね。
私の方がかすり傷程度だよ。
本当にここまで生きてきてくれてよかった。

ありがとう、ありがとうね、本当によかった。
泣きそうになった。そしてなんだかとても優しい気持ちをいただけて、
あたためられました。
まきねさんは、さっぱりしたなかで、ほんわか深いやさしさを自然にいるだけで
伝えられる人だよね、とても素敵。

私学ぶことたくさんあります。
出会えてよかった、奇跡です。

私も生きてきてよかった。ありがとう。

今日もいい日でありますように。

追伸、柿をあげるの?びっくりびっくりです。
テンプラかあ。
ホットケーキミックスにからめてあげたらそりゃとてもおいしいね!
絶対やってみます。きっと近所のおばさま方も好きだよ。わくわく。
あげて、ボランティアにも持って行ってみよう。
干し柿はやくできないかなぁ~、とレシピ教えてもらってから、毎日眺めています^^
全レシピ作ってみるよ☆
楽しみができました。

まきねえさんありがとうございます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2098096/62433157

この記事へのトラックバック一覧です: 自殺・限界を超えない:

« いろいろな波の中で | トップページ | よい日のはじまり »