« 命のゆくえ | トップページ | 生命の川 »

2015年11月22日 (日)

辛いけれど、ありがとう

とってもしんどい感じの一週間が過ぎました。
憎しみ、苦しみ、悲しみ、痛み、孤独。

でも不思議ですね、このブログを開いて、じわわぁと心がゆるみ、ほんわかと、ありがとう、って思いました。
つらいけれど、ありがとう。
そんな気持ちを持てました。

痛かったですねー、とっても痛いのに、みんなそういう時は出かけちゃうんですねー。
あまりに全身に痛みが続くと、さすったりしてほしくなるときが、たまにあるのですね、痛みによりますが。
今回は背中をさすってほしかったですね。
よくロボットでもいいので、痛みをさすってほしい、と思うことがあります==;;

でも近所のおばさまが来てくださり、吐き続けている私をケアしてくれました。
おばさま、昔は、midoは甘えていると怒っている人でした。
我が家はいい家族にみえるのでね^^;;
どうも私が世間知らずの甘ったれにみえるイメージがあるのです。

でも長い付き合いで、とっても私を大事にしてくださる人になりました。
一人で寝込んでいるときも、いつも助けに来てくれます。
精神病院に入院したときも、親戚のふりをして、きてくれました。
一時、インナーチャイルドがとても求めていたときは、勝手に母と思っていたこともあります。

息子さんが私と同じ年くらい。大企業の統括部長だそうです。
息子さんご家族もみんな元気、挫折も何もなく順調だそうです。
なのに、全然自慢もしなくて、こんなへぼな私(笑)と息子さんを同じように大切にしてくださるのです。

よく子育てしてきたことをききますが、
息子さんを一度も父親は怒鳴ったことがないそう。怒鳴らないので当たり前ですが暴力もなし。
おばさまも、息子さんが学校から帰ってくるときには、家に必ずいて、心も健康も大事にしていた様子。

私は衝撃を受けました。
世の中に怒鳴らない親がいるの?えーーー!!!
一日、いや、半日だって、怒鳴られない時間を持つことが困難だったような。
病気も子供のころ早く父と離れれば、
または、だれかが気づいてくれれば、体は嫁にいけないほどの状態にはならなかったのです。しょぼん。

まあ、家族もいろいろですネ。
それぞれが学びがあるのでしょう。
私はこの家族の中で、この環境で何か必要があったのでしょう。

最近は母親もちょっと不安定で大変した。
私が具合が悪くなり、通常運転ができなくなると、やっぱり何かうまくいかないのかなあ。

本当に家を出るときかな。

ただ、私は今まで何度出ても、ありえないことがいろいろありで、戻ってくる、
または身内が私の住む場所に来る、ということを繰り返しています。

いやだから出る、では失敗するのだ、感謝で出よう、と思っても失敗しています。

でもその根底には、私がさみしいということもあるのかな、甘えとか、って思っていました。
そういう心が、いろんな出来事を引き寄せるのかなあ、と。

痛みでたまらないとき、そしてもしもう動けなくなったら、だれかサポートがほしい、
一人で死にゆくのは嫌だし><と。
死んでも、どこにも受け入れられなくて、永遠に一人だったら、どうしよう。と。
そんなことないのに!
でもそんな子供みたいな、私の深い孤独があるのですのだ。

自分の心を鏡に映した一週間でした。

強くなるのだ。
しっかり立って、前をみてゆくのだ。わくわくして生きてゆくのだ。
今足りないのは、自分への信頼かもしれません。

家族もまた、病気の方のお見舞いに行ってくれると言ってくれるしね。
少しずつ、ゆるゆるで、よくなっていっている、あとは流れにお任せです。

痛みが強いときは、対人関係がぼーっとして、失礼があったり、いつものmidoではないときがあります。
ブログでもそんな感じがあったら、ごめんなさいネ。お許しください。

しんどくても、でも、朝の空の美しいこと!
職場での優しい利用者の一言や、
子供の寝顔や、顔に光る産毛(マニアだな)の涙がでるほどかわいいこと。あーー、かわいい。
しんどい中でも癒されてうるうるとした一週間でした。

おまけにブログを書いていたら、だんだん幸せ気分に包まれました。
うん、やっぱり、よい一週間だったんだなあ。

よし、明日は掃除だ、掃除。

冷蔵庫の掃除とまだしていない衣替えたちを(といっても私は衣類はほとんどないが)明日こそしないと☆
年末に向けてというわけでもないですが、少し家を掃除しますぞ。

窓ガラスとサッシの掃除が難関。
寒くなる前にやらないと。
私と同い年くらい古い家なので、四方八方に窓ガラスがあるのです。
今は防犯の面なのか、窓ガラスが少ない家がおおいですよね。

ガラス拭きのmidoでしばし挑戦します!

よい夜を~☆彡

« 命のゆくえ | トップページ | 生命の川 »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2098096/62630894

この記事へのトラックバック一覧です: 辛いけれど、ありがとう:

« 命のゆくえ | トップページ | 生命の川 »