« 創意工夫と感謝でGOGO | トップページ | 月の光に照らされて »

2015年9月28日 (月)

幸せが顔を出すとき

昨夜、お給料が入ったので、家族と外食に行きました。
行き先は、ボランティア先の方の蕎麦のお店。
以前も家族で出かけたら、とても喜んでくれて、ボランティア先のいろんな方に
midoさんが来た、と伝えてくれていたそうです。

mido家にとっては珍しい外食。

みんなには好きな時、外食行ってきたら?と伝えてあるのですが、
「外で食べてもおいしくなーい」
「帰ってきてから、イマイチ舌が(添加物とか砂糖で)気持ちが悪い」
と、もう全く行かなくなりました。

私がこの家に帰ってきたときは、
「midoのご飯まずい」といって、お弁当をかったり、
菓子パンを食べたり外食をしていました。
味覚はそうそう変わることはないので、段々と段階を変えながら、
それぞれの健康状態に合わせて、ぴったりの料理に移行してきたのですが、いまは、それぞれが自分の体が必要な食物がわかるようになったみたいです。
まあ、外よりおいしいのは、素材が抜群によいからなのですが。
(料理の腕は3流だけれどね)

でも私がこの前のような忙しい時に、「外食いってきたら?」といっても、まずいからだめ。
既製品のクックドゥーみたいな簡単味付けの
オーガニックバージョンを使って料理してもいい?
といっても、「まずい!」と食べてくれなくなったのは、
どんなときもどんなときも(槇原ぽく)作らなければで、大変になってしまいました><;;うれしい悲鳴です。

なので、昨日の外食も、味だけなら食べたくないというのが本音みたいです。
ただ、このお店の方が私は好きなので、顔を出したくて、できれば人数が多い方がいい!
ということで、付き合ってもらいました。

ご主人と二人で、ずっとお店をただひたすら毎日営んできた二人。
子供さんがいなくて後継ぎはいません。
御苦労があったことは、何も言わなくてもわかります。
それでも、奥さんは、おちゃめで、かわいらしくて、心からの喜びが伝わってきて、幸せな気持ちになりました。

この店の近くは海なのですが、震災があってから、海のそばの人達はどんどん
移り住んでしまい、今は閑散としています。

また、大型店がこの地方にきて、商店はシャッター街になっているので、
昔からのお店はとても苦しいようです。

でもそんなことは一切言わないのですけれどね。
毎日、蕎麦に向かい合い、毎日、できることをやっている、ブームがきたり、
ブームがさったり、その波にとらわれず、ただ淡々と日々生きてきて、
年を重ねてきたのだなあ、と伝わってきます。

私が来たことの喜びがお世辞ではないこと、ただ客が増えて喜ぶだけではないこと。来てくれて、本当にありがとう、そんな気持ちが伝わってきます。

それぞれがいろいろな事情があるなかで、ふっと触れあえる瞬間。
その人に触れて、喜びをお互い伝えあえる瞬間。

この時が過ぎれば、お互いにまた淡々と日常に向かい合う。
特別仲が良いとか、特別交流があるというわけでもない。
日々自分の道を歩く。

でも、おそばを通して、通い合う、この時間を共有する。
相手の人生と私の人生が、深く出会うこと。

この喜び。言葉でいえば幸せ、というものなのだろうと。

その瞬間に、胸の奥がしっとりとし、涙がでそうになります。

中秋の名月が雲の合間から見えたことを、お店の方と喜び、帰ってきました。
幸せも雲の中からふっと顔を出したようでした。

« 創意工夫と感謝でGOGO | トップページ | 月の光に照らされて »

日常」カテゴリの記事

コメント

midoさんは、スゴイなぁ。
ほんと、全てのことに感謝できるmidoさんは、ほんとスゴイし、素晴らしい。
心、洗われます。
息子みたいな感謝を知らない人間が、もし、midoさんみたいな人に会ったなら、どんな化学変化が起きるのか、見てみたいものです。

>お父さん

お父さんこんにちは。
帰国までもう少しになりましたね^-^

お父さんが日本でいろいろ行動されたこと、息子さんのことを思いながら、
考えてきたこと、それは息子さんにとって、いつか、深く感じ入る時がくると思います。
って、なんだか偉そうでごめんなさい><

私は普通のおばさんですよ!
すごくないです!

息子さん、若い心の中で、いろいろな不満や、葛藤、意識がうまく動かせない感覚、
何がなんだかわからなくなる感覚などが
ごちゃまぜになって、今、怒りというエネルギーを出しているけれど、
それはとても大切なエネルギーのような気がします。
今は怒り、というエネルギーが息子さんを支えているのだろうなあ。
そのエネルギーがいつか違うエネルギーに変わることがあると思います。
変化を期待していて大丈夫です^^

行動力になったり、意識がまとまるエネルギーになったり、
感謝かもしれないし、やる気かもしれないし。向き合う力になるかもしれない。


息子さんといつかお会いしたいですね^^
でも、おばさん、うるせー!みたいな感じで全然いいのですけれどね^^

いろんな方が息子さんの周りにいる、息子さんのサポートと回復を願って。

大丈夫、と信じている。
息子さんの可能性を感じている。

その中で見守ったり、はっぱかけたり、治療したり、いろいろ対応はあるのかもですが、
向かう方向は、息子さんの力が存分に発揮できること。
私もいつも信じています。

息子さん、よくなあれ☆


コメントありがとうございます^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2098096/61805247

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せが顔を出すとき:

« 創意工夫と感謝でGOGO | トップページ | 月の光に照らされて »