« 一人じゃないね 一人じゃないよ | トップページ | 変えられるものと変えられないもの »

2015年6月29日 (月)

自分の経験から誠心誠意やりたいこと

先週のバイトは、私にとって大変なものでした。

別に、嫌とかではありません。

ただ、私の注意が少し行き届かなかったことが発端で、利用者が
延々延々一時間、怒鳴り、怒り、ワナワナと怒りをぶつけてきました。
その方は本当は怒りたくないのだけれど、止まらない、というのも伝わってきました。

それは私は全然かまいません。
怒る内容はめちゃくちゃだったので、肯定も否定もせず、
その辛そうな怒りをずっと受け止め続けました。
爆発して、怒りが収まり、すっきりするなら、いいことです。

ただ、発端、火種は私のやったことで
(その利用者はだれがやったかとかも分かっておらず、
短い時間で仕事をすませなければならないので、
他の職員も多かれ少なかれやっていることだったのですが)

その方が、この職員を信頼できなくなって、生きることに不安を持つことが
いやだったのです。
それは私がさんざん経験してきた、過去があるので、そうなってほしくなかったのです。

その人は病気で、疑心暗鬼になったりするけれど、
その病気をもっても、深く安心できて、その人が大事、という私の思い
が通じるように願って毎日接してきました。

そして、自分が一番、苦しかったこと。
私の注意が行き届かなかった、ということを報告するのが
とてもとても嫌だったのです。
詳しくは報告しないで、私の配慮が足らなかったことをさらりと報告し、
謝りましたが、あとは報告しませんでした。
相手はもちろん病気があるので、理解していないからこそ怒るのですが、
でも一方的にこちらが悪いのです。

私は統合失調症を発症してから、
時々、自己保身を感じることがあり、自分自身とても苦しくなります。
ミスを隠したくなるのです。

でもすべてを報告しなかったことで、心の痛みはとても強くなりました。
もう今更いえない状況になりました。

友達や内職の社長にそれを話して(たぶん、隠していることで自分が苦しかったので
吐き出してしまいたかったのです、自分が楽になりたかったのです)

「だれでもそんなことはあるよ」とか、「同じことをやっても気にしない人は気にしないよ」
とか、「そんなに苦しむなら二度としなければいいよ」とか声をかけてもらいました。

ひょっとしたら、適当にやる人もいるかもしれません。

そういう人の方が多いのかもしれませんし、少ないのかもしれないし、
それはわかりません、でもそんなのは関係ない。

私は、とても苦しくなりました。

利用者の幸せは本当にうれしい。
そして、年をとったり、病気になったりして、でも懸命に生きている美しい力を
持つ人たちを心から尊敬している。

その人の一日があたたかで、充足していて、笑顔があれば本当うれしい。

守っていきたいことは、それだけなのに・・・。

私自身は、ずっとケアを受ける立場で過ごしてきました。
児童養護施設では、苦しかった、人権なんてなかった。
ナチスの世界かと思いました。
そこを出た後の差別も、苦しかった。

成人して病気でトイレにいけないこともあった。
犯罪にあって、男性が怖くて、恐ろしい目にもあった。
小さい頃の虐待を思い出して、今でもニュースやテレビ、映画で、暴力、性的暴力、
アダルト的なものを見ると怖くて気持ち悪くて吐き気や震えがとまらないときがある。
(だいぶ以前よりは、平気になりましたが・・・)
精神病院では全身拘束で、ごはんもトイレも自分でさせてもらえなかった。

そういう気持ちがわかるからこそ、一番誠心誠意やりたいのです。

人間の悪や、恨みつらみ、いじめ、そういう部分をたくさん見てきました。
弱さ、欲望、そういうものも。
そして、同じく、私自身のずるさ、弱さ、欲望、恨みつらみ、
そういうものも見てきました。
人との間でやった駆け引き、支配、そういうものも十分経験しました。
そして、それは私に向いていないことがわかりました。
余計心が苦しくなるのです。
だから、もうそういうところはそろそろ卒業したいのです。

利用者に怒鳴られたその晩は、不安定になりました。
最近、体の状態も進んでいるので、
自分が悪いことばかりしているから、病気も進んでいくんだ!
ばちがあたったんだ。と思ってしまい、思考回路がおかしくなってしまいました。

「それじゃあ、筋委縮症の方とか、病気の方とか、みんな悪いことをしたの?
悪いことをしても元気な人もいっぱいいるよ!」

と怒られました。
うん、わかっているのですが、でも、そういう気持ちになるのですね。
何が悪いんだろうって。

それでも、一晩泣いて、落ち着いて、仕事にいったら、利用者が昨日の怒りを
忘れていて、(認知症なので)笑顔でした。

それでも、病気だから、忘れるからいいや、ということにしたくはないです。

ただ、本当に安心されている様子だったので、よかったと思い、
相手も寄ってきたので、ちょっと抱きしめてしまいました。
ごめんなさい、ありがとう、心で伝えました。

しっかり目を見て、話をきいて、もっと寄り添って、一緒に幸せを感じたいと思いました。

心で何度もお礼を言いました。

ありがとう。

いろいろな私を見せてくれて、そして、心の底ではいつも助けてくれる。

弱くて、臆病で、寂しくて、ずるい。そんな私を助けてくれている。許してくれる。

ありがとう。

魂にいつもお礼を言います。

私よりもずっとずっと賢く、深い、魂に感謝です。

私を育ててくださってありがとう。そこにいてくださってありがとう。

許してくださってありがとう。

何度も自分に向かいあうことも、これからあるかもしれませんが、
私は今、誠心誠意かかわりたい方たちがいます。

それにそっていけるように、忘れないために書きました。
もう二度とそむくことはしないように。

いろいろ言葉を吐いてごめんなさいね。

読んでくださった方、ありがとう。

« 一人じゃないね 一人じゃないよ | トップページ | 変えられるものと変えられないもの »

日常」カテゴリの記事

コメント

 midoさん、こんばんは。これはmidoさんの懺悔であり、天使のつぶやきだと思いました。よっしーはmidoさんは天使ではないかと思いました。これだけ過酷な歩みをすすめてこられましても、きらきら輝いている。よっしーのブログで話した汚泥不染ですね。midoさんの魂はどんな人生の泥のなかでも、それに染まることなく美しい花を咲かせるハスのようですね。
 midoさんはなにを目指し何を決めてきてこの世に生を受けられたのでしょうね。その生き様がそのまま天使のようだと思います。とても素敵です。

よっしーさんじゃないけど、ほんと、midoさんは天使みたいな人だと、私も言いたいです。
私も疲れてくると、癒されたい気持ちになりますが、midoさんの言動に触れると、私がmidoさんを癒したくなりますよ。
midoさんは充分に思いやりのある優しい人ですから、何かあって、怒らせてしまっても、気に病む必要はありませんから。
そんなことで、神様が悪さするなんてことはありませんから。
内の息子なんて、起こそうとするだけで、怒りだしますorz

>よっしーさんへ

よっしーさん、今日はすっごい雨です><
よっしーさんがお仕事であれば、本当大変だろうな、と私もお仕事中に思いました。
おまけに、カッパきていると、この湿度で、本当蒸れそうですね。
体調にお気をつけてくださいね。

私の懺悔を聞いてくださり、本当にありがとうございます。
受け止めてくださったよっしーさんが天使ですTT
汚泥不染の日記、とっても共感しました。
本当に泥だらけの中から、美しい花を咲かせる、
きっと人の世界ってみんなそうじゃないかなー、って思うのです。

私も私なりの花が咲けせられればいいな、なんて思います。
この世はどんな花もきれいですね、みなさんの花が咲いている、それは、もう極楽浄土ですね。

やさしい言葉ありがとうございます。
まだまだ迷走しながら歩いて生きていますが、
その中で、自分の何か、目をつむりそうなこと、
そういうものをあえて、しっかり目をひらいて、ひっかかることに気づいていきたいです。
それが、きっと私の生きる道かな?

回りからみると、そんなことで真剣に、とか、気にしすぎ、って思われるかもしれませんが、
私の生きてきた、痛みというか、つらかったことの経験上、
やっぱり、一番、誠実で、一番、嘘をつきたくない、真っ正直な私のままで、接したい相手なのです。
そういう相手に出会えたことは感謝です。

でも、そうすると、私の心の汚れがよくわかるんです。
だから、ちょっと辛いんですけれど、
それが私の生きてきた道を光にかえることにつながるのかもしれませんね^^

私もちょっと体調が不調続きです。
お仕事も契約期間の9月までがとりあえずの目途になりますが、
もう少しがんばって、体も気を付けますね。

よっしーさんも今日はゆっくり休まれてくださいね☆

>お父さんへ

お父さん、私はお父さんが息子さんを思う気持ちや、
日々接していることに触れさせていただけていることで、
すっごーく癒されています。

家族のやさしさっていいですね。

いつも癒しをありがとう、そしてコメントのやさしさに、うるうるです。


本当に本当にありがとうございます^-^

元気もらいました!

今日もいい日でありますように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2098096/60551637

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の経験から誠心誠意やりたいこと:

« 一人じゃないね 一人じゃないよ | トップページ | 変えられるものと変えられないもの »