« ありがとうがいっぱい | トップページ | その傷は痛いかい »

2015年6月 1日 (月)

回復のエネルギーに沢山触れる

ジョン・ナッシュさんがお亡くなりになりました。
そのことについて、ニュースで、何度か統合失調症、という言葉が流れたのでしょうね。

内職などで雇ってもらっている会社の社長が言いました。

「おい!統合失調症になっても、終わりじゃないんだな。
未来があるんだな、おまえも大丈夫じゃないか!!
統合失調症のやつは、状態が悪い時もあるけれど、よくなればいいんだよな!
全然大丈夫なんだな」

一発で統合失調症の印象が変わった様子です。
メディアの影響力^^;;すごいですね。

社長の統合失調症の印象は「もう終わりだ」というものでした。
事件の犯人だったり、会話ができなく、一生頭が戻らないのでは?
という方面でしかとらえられなかった様子です。

(統合失調症といってもいろんな方がいて当たり前なのですが)

こうやって統合失調症を持ちながら回復されている方のエネルギーに触れるということは、
周りにとっても、当事者にとっても、とても力をいただけることだなあ、と思います。

病名は違いますが、癌で余命を宣告された杉浦貴之さんは、宣告された後、
回復されている元末期癌患者を探して会いに行って話をお聞きしたそうです。

それが本当に自分の力になったそうです。 良い情報、回復者のエネルギーを
見つけ続け、回復者からパワーをもらい、ご自分に向き合いながら奇跡的に回復。

癌の回復者が語る雑誌を創刊し、今も病気から回復している人達の言葉とエネルギーを
病気になった方たちや家族、医療関係者など必要な所に届けています。

回復されている方は、それぞれの治し方、それぞれの回復の仕方があり、
元患者だった杉浦さんならではのインタビューで、深く情報がひきだされていきます。
精神の病気の回復者も時々出ています。

杉浦さんは、もう有名になられて、テレビなどにも出演されていますが、とっても元気で
結婚もされ、子供もいらっしゃって、病気のみなさんを勇気づけようと全国を講演されたり、
患者のみなさんとフルマラソンされたりしています。
そうすると、奇跡が奇跡を呼んで回復がつながっていくのですよね。

統合失調症も、もっともっと回復のエネルギーに触れる機会を持てたらなあ、と思います。
特に、最初に病名を告知されて、もう駄目かも、とショックを受ける方がおおいと聞きますし。


JPOPボイスや雑誌などの世界でも統合失調症の体験談を読めますし、
ブログや本でも力をいただけます。とっても力になります。

でも、もっとたくさんのいろんな方の体験が、当事者の手によって、
まとまったものがあればあるほど、もうちょっとお医者さんの姿勢に変化がでたり、
当事者への勇気につながるのではないかなあ、とふと思いました。

なぜ最近そんな風に思ったかというと、私の体の部位で(まあ一部なのですが)
どのお医者さんも一生治らない、これから進んでいくだけ!
といわれている所があるのです。
言われ続けて、20年。順調に進んでいます^^;;
今度の熱の後などは、残念ながら認めざるをえないです。
そうすると、やっぱり生活の幅が狭まってくるのです。

医者に通い続けての会話は
「これ治りますか?症状が止まるってことありますか」を私が質問し、
「midoちゃん、それは無理よ、絶対無理、進むだけ、止まらない、今の医学では無理。」
と、あきらめる方向へいつも話が流れていきました。

このようなやりとりを毎月毎月20年・・・・時には電話のやりとりを含め、ずっとやってきたわけです。
治らない、を何度聞いたでしょうか。
治らないエネルギーを与えられ続けるわけです。
そのお医者さんが悪いのではないのです。(とっても優しい方なので)
100人いたら100人のお医者さんが無理という世界なのでしょうがないのです。

でも!

最近、ネットをくまなく調べて調べて調べ続けて、一つヒットしました。
(ネットでも治らない、が当たり前な中、統合医療でも怪しいものでも、
奇跡体験談すら見つけられなかったのですが)

一人の医者が、ちゃんと写真と症例で発表していました。
(最近のブログだったので、今までヒットしなかった様子)

なんじゃこりゃーー!!優作になるしかありません(古い)

今までどこにもそんな情報転がってなかったのです。
患者さんも公開した人はいなかったのですね。
回復者の症例、エネルギーに初めて触れました。

その先生は、治る、回復の可能性がある、ということを見つけ出し、
実際回復させ、そして、治る、という視点で診察にあたっているのです。
視点が変わると、治るという可能性のためにどんどんと研究していきます。

代替医療のアンドルーワイル博士は、「病院で否定的な言葉をかけられて
患者は呪いに掛けられている、ブードゥーの呪いのようだ」とおっしゃってますが、
確かに20年治らない、止まらない、といわれ続けられるより、
治る可能性を探そう、と見つめてくれるエネルギー満載のお医者さんの方が、
患者のパワーの出方が違います。

特に私などは、ネガティブなエネルギーの方が、慣れ親しんでいて、
たっぷり受け取ってしまいがちなので。

回復者のエネルギーや、回復することを全く疑わない医者のエネルギーをもらえる、
というのはありがたいことです。

患者さんの力や可能性を信じる機会がもっと増えていけば、
回復というものがもっと早くなる世界を作れるのではないかなーー、なんて思ったり。
そうしたら、偏見も普通に消えていくのになあ、と思ったり。

一人が回復したら、どんどん回復するような連なり、
回復から遠いように感じている方々も回復していかれるようなったらいい。
エンパワメントしあえるつながりができてくることを夢みて☆

統合失調症にもっと回復のエネルギーが増えますように。

そして皆で幸せになれたらこんな嬉しいことないです。

私も体も心も回復に向かって少しでも歩んでいけたらいいな。

ジョン・ナッシュさんのニュースの一般の方の反応と
自分の病院の経験からいろいろ思いを巡らせたmidoでした。

ジョン・ナッシュさんと奥様のご冥福をお祈りします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

« ありがとうがいっぱい | トップページ | その傷は痛いかい »

病気のこと」カテゴリの記事

コメント

midoさん、こんにちはhappy01

最近、発達障害の方もパブリックにご自身のことを語られて話題になりましたね。
社長さんの反応は、もう本当に・・・世間を代表するといいますか・・・(笑)なんだか映像が浮かんできました(笑)

でも多くの方がこうして症状を理解されるのでは?と思います。

そう、知らないことはなんでも怖い。
怖いから見られない、

見てしまったら、知ったら、もう、怖くはなくなるものですよね。

midoさんの身近な方がご理解くださって、本当によかったですね。

杉浦さんという方のお話は初めて知りました。
HP拝見しました。

私もお二人、思い出す方がいます。大変なご病気をされて余命宣告、でも病を乗り越えて、今は多くの方の笑顔をサポートされてらっしゃるのです。

そして、他の方の大きな希望ともなられています。

その方もそうですし、ご自身の病状と向かいあって、
なんと最新の回復の症例を発見された(大きな希望が舞い降りましたね~!!)midoさんも。

真摯に生きておられる姿に、ほんとうに励まされます、いえ、努力がたりない、自分を省みております・・・^^;
そして、midoさん、希望の光が差し込んでよかったですね、これから、midoさんの回復にも繋がっていくような情報がどんどん出てくるように・・・・と心から願っています。


おっしゃる通り、できる、と思うからできることがありますし、
治る、という視点に立つことの大切さを、気付かせていただいてありがとうございます、心から感謝ですconfidentconfident


今日は雨模様ですが、
これも恵の雨。すべてはつながっていますね。

midoさんもみなさんも、よい午後をお過ごしくださいませ。

midoさん、先ほどメールアドレス欄に入力をしていて、

入力に誤りがあったままお送りしてしまいました、

すみません・・・^^;こちらに、ご伝言させていただきますね^^

>ルナさん

ルナさん、こんばんは^▽^

本当ですね、発達障害の方も最近カミングアウトされましたよね。
発達障害の理解もとても最近深まってきましたよね!
嬉しいですね。

私がお世話になっている社長さんは、表裏がなくって、
口も悪いし、言いたいこというのですが、
病気のことも心配してくれてはいたみたいですね。

統合失調症って将来大丈夫か?とずっと気にかかっていたみたいです。

やっぱり病気のことは、あまり知らなくて、情報もないですものね^^
でも、本当に安心されたみたいでした。
そのニュースを見て、思わず嬉しかったそうです。
わざわざ電話で話してくれました。
ありがたいですね^^

ルナさんも、病気を乗り越えて、多くの方をサポートされている方の
お知り合いがいらっしゃるのですね。すばらしいですよね。感動します。
そういう方に出会えると、とても力をいただきますよね。

私も杉浦さんにも、力をいただいてきました。

そして、ルナさんにもすっごく力をいただいているのですよ^^

あったかくて、優しい気持ちをわけあたえてくださり、本当ありがとうございます。
ドキドキ、わくわくするような気持ちもいただいていますし、
ほっとする、ティータイムのような気持ちにもなります。うふふ。


そう、私の体の回復の情報に出会えたこともとっても力になりました。
ルナさんにお言葉もいただけて嬉しい~!!

初めてであった回復の症例ですが、そういう事実がある、ということを知ったので、
向く方向は、回復をしっかり向いていきたいな♪と思います。

でも良くなることばかりにこだわったりしすぎないように、しないとね(笑)
あまりこだわると疲れちゃいますものね。

ゆったり回復を見ていこうと思います☆
せっかく出会ったいい症例だものね、感謝感謝。

ルナさん、コメントありがとうございました。

それからEメールアドレス、記入してくださったのは、違うものなのですね^^
了解です☆

ではでは、今日も一日感謝。
ルナさんによい夜が訪れていますように。
よい夢を☆☆☆おやすみなさぁい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2098096/60155387

この記事へのトラックバック一覧です: 回復のエネルギーに沢山触れる:

« ありがとうがいっぱい | トップページ | その傷は痛いかい »