« 春よ恋 | トップページ | 病気後の方がキャパシティが大きくなった »

2015年4月16日 (木)

通院・偏見のない先生

先日は通院でした。

私の主治医は、楽観的な人ですが、本当に、本心から、偏見がないのが伝わってきます。

精神科医だから、偏見はないのでは、以前は思っていたのですが、
学生時代の精神病院でのバイトや、実習などで、
必ずしもお医者さんが偏見がないとはいえないことがわかりました。

一般の人も、偏見がある人とない人がいるように、
お医者さんの中にも、その方の生活してきた環境や接してきた情報などで、
偏見を植え付けられることがあれば、自然に色眼鏡でみてしまうのだな、と思います。

私自身も今まで、いろんなことを色眼鏡で見ていたことが知らず知らずに
あるので、そういう方に接した時は、反面教師で、
自分の色眼鏡をどんどんはずすことをしていきたいな、と思います。

最初入院した時は、主治医とは違う先生が、私に
「ここに来たということは普通じゃないのだよ、あなたわかってる?」
と耳元で言ってきて、
「えーーー、精神科の先生がこんなこと言うのかい?」
とびっくりしたことがあります。

でも私の主治医は、

「統合失調症って仕事場にも言っても別にいいんじゃない、
言わなくてもいいけれど、言っても問題ないじゃないですか、何が悪いの?
だって統合失調症は、普通の病気と全く同じで、脳が情報混乱してしまったり、
コントロールできないだけですよ?
何がいけないのかしら?何か言って問題あるかしら」

とあまりに偏見がないので、社会も偏見がなくて当たり前と思ってるくらいです。
社会もわかってくれて当たり前、わからない社会がおかしいみたいな感じです。

いや、仕事場に言ったらちょっとまずいですから(汗)
体のこともいえないのですから・・・。
でも、こういう先生はとってもありがたいです。

そういえば、私が急性期、この先生の部屋に通された時、
現実がわからないくらい朦朧としていましたが、
なんとなくこの症状は、統合失調症といわれると、なぜか感じていました。

幻聴がひどくてひどくて、とにかくここで死ななければ、早く、と信じ込み、
体が勝手に自分の意思とは別に動こうとして、
そんな支配され感がマックスになっている中、
悲しくなって、恐ろしくなって、私が帰ろうと席を立ちあがっても、
しっかり目を見て、
「つらそうですよ、つらそうな状態だから少し楽になりませんか?」
と優しく声をかけていただきました。
その目に、憐れみとか、差別的なものは一切ありませんでした。

私の肉体の病気も結構偏見があります。
お医者さんでも、差別的なことを言われたことは何度も何度もあります。
若い時、一度沢山友人が離れていったことがあります。
でも、最近は、認知されてきて、病気が少しずつ社会に理解されてきているようです。

児童施設にいたことも、かつてはすごい差別がありました。
非行じゃないか、怖いとか、危ないことをするとかかわいそう、とか・・・。
今は、理解も昔とは比べ物にならないくらい進んでいます。

登校拒否も私のころは、学校休むだけで近所中大騒ぎでした。

統合失調症も、メディアの報道で、恐れを抱くイメージの病気になってしまうけれど、
そういう状態になる時期やそういう人もいるけれど、いない人もいる、
そして、それは、病気の症状の一部だということ。

自然に伝わってくる社会が、ゆっくりかもですが、来るといいな、きっともう来るだろう、
と夢みてます。

そして、一方で、どんな社会であろうと、社会はどうあっても、
マイペースでのんびり私の世界を歩いていきたいなと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

« 春よ恋 | トップページ | 病気後の方がキャパシティが大きくなった »

病気のこと」カテゴリの記事

コメント

midoさん、おはようございます^o^

担当の先生、思いやりに溢れていて素敵な先生ですね!
私はこの病気になって、お医者さんの方が偏見があるな。と感じることが多々ありました。
今は仙台に住まい精神科も近場で探していますが、なかなか良い病院、良い先生に巡り会えません。
どこか他人事で親身になってくれない先生ばかりなのです。
私もmidoさんのように素敵な先生に巡り会いたいです。

偏見なくなりませんね。
私も大学時代の友人に病気を打ち明けたら、一人だけ、調べたら怖い病気だった。mimiとは違う病気だよね?と言われて何も返せませんでした。傷つきました。
でもその後も友人関係は続いています。
子供が産まれた時もすごく喜んでくれて、その後病気に関しては何も触れてこないです。

偏見をなくすには、病気になった人がしっかり生活して信頼を得なければならない気がします。
でも全くの赤の他人に知ってもらうのは困難ですよね。
なかなか難しい問題です。

私もマイペースに自分の生活を楽しもうと思います。
では、また^o^

 midoさん、こんばんは。きょうはお疲れ様でした。びっくりしました。精神科医でも偏見をおもちの方もいらっしゃるのですね。よっしーは病歴は20年くらいになりますが、受診してきた先生でそのような方がいなかったので、知りませんでした。
 また、midoさんは育たれてきた経歴やお体の病気でもいろいろな想いをされてきたのですね。そのなかで、いまmidoさんが受診されている先生は医師以前に人としてmidoさんが信頼できる方なのでしょうね。
 midoさんもご自身の色眼鏡をどんどんはずされてこられたのですね。それは、このブログを通してもmidoさんの透き通るような感性として、よっしーは感じます。きっと、この先社会がどのように変わっていっても、midoさんはご自身の世界をたもっていけると思います。
 やわらか、やなぎのような強さをもたれてますよね、midoさんは。

>よっしーさん

よっしーさん、こんばんは^^
今日はいかかでしたか?明日はお休みですね。
ゆっくり充電されてくださいねっ。

よっしーさんのところは、かつて、忘年会?か何かを、
お医者さんやスタッフさんと患者さんと一緒にされるという記事を読ませていただいたことがあります。
それを読んで、びっくりしましたよ!
よっしーさんのお医者さんは、本当、患者と一線おく、とか、
そういうのもなく、自然に交流されているんですよね。
とっても、いい病院だと思います。

よっしーさんは、よいお医者さんに出会われてきたので、良かったですね。
嬉しいです。
お医者さんの言葉に傷ついたりする方がいらっしゃらないのは、
とてもうれしいです。


私の出会った先生は、厳しい偏見持ってらっしゃる方いましたね。
体の方もいるんですよ。
お医者さんもいろいろだなあ、と思いますよ。
今の先生は、すごい楽観的なのですが、ちゃんと質問しようとする時は、
しっかり答えてくださります。
そして、ちょっとした動作、診察室に入ってくる顔色、態度、なんかを
よく観察されていて、一言も話していなくても、
「あれ、いつもより疲れていないですか?」とか
「少し足取りが軽くなってきましたね」とか声かけしてくださるので、その観察力を尊敬しています。
私もそうなりたいですね#^-^#

そしてよっしーさんの豊かさや包容力、そして、物事のとらえ方も、見習いたいです♪
友達になってくださって、本当ありがとうございます☆

心をどんどん解放して、こだわりを捨てて、自由になって、屈折して物事をみないで、
透明なそのままの世界を楽しめる人になりたいですね。
コメントありがとうございます。

>mimiさん

こんばんは^^
素敵な週末をお過ごしでしたか^^

そうなんですよね、お医者さん偏見ありますよね、
mimiさんも個人病院で偏見があったのですよね><

私の主治医は本当に天然っぽいところもあり、若い女医さんなのですが、
統合失調症も、鬱も、体の病気も、病気は病気、どんなものも変わらない、
そんな感じをすごく伝えてきます。
それぞれ特徴があるだけなんですよ、って。

「子供、もし産んだら、大丈夫ですか」、とか以前結構何回も聞いたのですが、
主治医なりの見解を伝えてくださいました。
それでも、精神科医によっていろいろな考えがあるから、
一医者の意見だけなので、見解も狭いかもなのですけれど、
(コメント欄に書かせていただいたことも一人のお医者さんの見解なのですが)
親身になってくれるのはありがたいですね。

もう一人の違う先生にも診て頂いたことがあるのですが、
そちらは、人ごと、それも、どこか下に見ているような感じだったので、
先生もいろいろいらっしゃいますね><

mimiさんも気持ちよく交流できる先生に出会えるといいです。
mimiさんはお薬の副作用でもご苦労されたことがあるのですよね。
この病気は薬との関係もずっと維持していかなければだし、
ずっと受診することになるので、良い先生だと安心感が出て、
生活も変わりますよね。
仙台にいい先生がいらっしいますように!


統合失調症の症状だけみると、よくわからなくって、理解できにくいですよね。 統合失調症は、重くて怖い病気、治りにくい、みたいな説明も結構あります。
私も昔、病気の説明を勉強したとき、なんだか怖いなあ、と思いました。
ご友人も症状を見ると怖い感じがしてたのでしょうね。
病気のことで、いろいろ否定的なこと言われると本当、傷つきますね。
病気を否定的にとられると、もう友達になんて言っていいかわからないです。
お気持ちわかります。

でも、mimiさんの出産を喜んでくださるお気持ち、
大切なご友人としての喜びをともにするお気持ちが変わらないこと、よかった^-^

病気を持っている私たちが、自然に、しっかりと生活していく、本当そうですよね。
無理せず、自然に生きていたら、理解してくださる方は理解してくださるといいですよね。
そうなりますように^^

コメントありがとうございます☆

midoさん

こんにちは!
今日は雨がしとしとと降っています。

週末、八重桜を見に行く機会がありました^^
まんまるで、可愛くて・・・桜を見ながら、きっと桜を見に行けますよと言っていただいた、midoさんを思い出ました~!
ありがとうございます、一番好きな、八重桜はいつまで見ていても飽きませんでした。帰りたくなかったくらいです笑

midoさんが信頼できる主治医の方と出会えて、本当に良かったです。

私もお医者さんやカウンセラーさん...藁をもつかむ思いで行っているのにもかかわらず、、

泣いて帰ったこともありますし(そういうときの心細さって、果てしないですよね!)反対に、何年もたった今も変わらず支えてくれる言葉をくださった方もいます。

特に緊張感が高く、敏感になっているときに病院に行くことが多いので、その先生の言葉や態度から多くの情報を読み取ってしまう、感度も高いようです。

体の病気でも、先生によって配慮のないことがあったりするのですね。
お医者さんも人間。
毎日、毎日の繰り返しの中で、ご自身がつかれていることもあるのかもしれません。
でも体が辛いのなら、せめて気持ちは軽くなるような診察をお願いしたいですよね。

midoさんのブログを読んでいると、とても透明な・・・澄んでいるけど、透かして見ると、虹色が見えるような・・・そう、このブログのタイトルですね。
もちろん背景は青空で^^
そんな景色が浮かんできます。つい眩しくて目を細めると、虹が見えるような、そんな感じがします。
その虹が、いろいろな人のところへつないでくれるようです、ブログを通しても虹がここまで届いているような。

そんな感じがします、伝わりますように!

midoさんは、イラストに合う、詩を書いたりされてますか?
midoさんなら、素敵な詩が書けそうな気がします♪

私もブログを書いています。
でもそれは、自分の中の一部しか見せていなくて、それはそれでいいのですが、自分の思うままを書いたブログを作りたいなと思うようになりました。

そこには、誰の目も気にせず、覚書のように・・・時にはブラックに笑・・表現していけたらいいなと思います。

では・・・引き続きよい午後を^^!


>ルナさん^^

ルナさん、コメントいただいて、バタバタしていたのですが、
その中でとってもとっても嬉しくて、バタバタも頑張れました!

八重桜を見に行かれたこと。
こちらに桜の花が舞ってきそうなくらい、喜びを持ちました^^
よかったぁ。本当嬉しいな。
ルナさんが大好きな八重桜を見ることができて、感謝です☆
お伝えくださって本当ありがとう☆
八重桜も応援していると思います。
来年も素敵な桜が待っていますよ。あー、うれしいな♪

お医者さんは、本当に、苦しい時に行くものですから、
言葉や態度を感じて、がっかりしたり、途方にくれたりしてしまうときもありますよね。
泣いて帰ったこと、お気持ち伝わってきます。
辛かったですね。
ずっと支えてくださるような言葉もいただいたのですね。
そんな方もいてくださって、よかったな。
そういう時に、あたたかい態度や言葉、心にスーッと入ってくるものを伝えてくれると、じーんとしますよね。

本当、お医者さんも人間^^
本当ですね、ルナさんのそのお医者さんへの思いやりがとってもあたたかくなります。
これからも、お互い、上手にお医者さんとお付き合いできるといいですね^-^

ルナさんは、言葉にとっても情景が浮かぶ、不思議な力があります。
それがなんだかとっても癒されます。
ルナさんの言葉に触れるとふわぁっと。
そう、何か空気が流れてきます。

なんだろうな、ふわふわのぬいぐるみに触れた時のような、
洗いたてのふわふわの毛布を触ったような、
葉っぱに日があたり、キラっと光った瞬間のような。
輝きとぬくもりを感じます。

ルナさんの言葉が紡がれていると、安心します☆
幸せな気持ちになります。
ブログをされているんですね。素敵です!
これまた嬉しいです。
すべてを出して、ブラックなところも^^思うままのルナさんの流れを出すのいいですね!

イラストに詩なんておっしゃってくださり、嬉しいです。
昔やっていたことがあるので、また、そういう世界の冒険もしてみたいな、
なんて思ってしまいました。

あたたかくなり、季節はこれから、初夏にむかいますね♪
新緑にかこまれて、今日もよい一日でありますように。

感謝をこめて。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2098096/59660134

この記事へのトラックバック一覧です: 通院・偏見のない先生:

« 春よ恋 | トップページ | 病気後の方がキャパシティが大きくなった »