« 生きていてくれればいいから | トップページ | 素敵に生きていこう »

2015年4月 9日 (木)

病む時は、病むがよろしく候

先日、体の調子が悪く、痛みが強いあまりに、10回以上もどして、なかなかハードでした。
そういう時は煩悩が全部飛びます。

目の前の痛みで精いっぱいで、あ、やばい、このまま死ぬかも!と思うけれど、
精いっぱいその症状の中にいることしかできず、お手上げ、受け入れ抜いて、自然に任せるしかありません。

もう、本当に、

病むときは、病むがよろしく候、死ぬ時は、死ぬがよろしく候 (良寛)

この言葉どおりです。

家族も慌てふためいて、救急車を呼ぼうか、どうか、迷っていましたが、
私が「ありがとう!大丈夫!」とうめきながらいっていたので、
家族も「ありがとう、わかった」と答えてきました。

不思議で心からのありがとう、というと、ものすごい広がる痛みが小さくなるときがあります。
まあ、ありがとうを毎日何万回言って癌を直した人も身近にいますので、素敵な言葉なんだと思います。

不思議と一日で痛みは去り、今はゆっくりいつものペースに戻りつつあります。
明日のお仕事もいけると思います。
でも、外でやるお仕事は、この仕事以上には今はとても増やせません。
前はそれが残念に思えていたのですが、最近はこれでよし!と思えます。

そして、その次の日、違う部位を見てもらうために、病院に行きました。
でも不思議と初めて、その部位の機能低下をだいぶ受け入れることができました。

うまく言えないのですが、本当に、私の体、頑張っているな~と感謝になりました。
そして、まあ、これでよし!と思いました。

体を受け入れられるなんて本当ありがたい、なんだか、意外に統合失調症のおかげです。

精神もこれでよし!と思います。

統合失調症にかかったこと。
なってしまったから、もうかえられない。

でも、なんだかそれが嬉しく感じた不思議な日でした。

私の意識が少し変わってきているのだと思います。
なので、自分でもびっくりするような、考えがわいてきます。

障碍になったこと、よかった、なんて恵まれているの、幸せ、という気持ちがわいてきて、
後から、え?なんで?なに思ってるの私?とハタと考えなおしたり(笑)

これって統合失調症の症状のハイとかじゃないの?とか確認したりして^^;;

でもそういえば、学生の頃、エイズになった女性が、「エイズという宝物をもらった」
とキラキラとした輝きで話していた記事があったなあ、と思いだしました。

その時はすごいなあ、全然わからないと思っていただけだけれど、
なんとなくその方の気持ちがわかったような気がしました。

精神状態も、まだやる気がなかったり、苦しくなったりするときも多々あります。
でもその時は、本当に、病む時は、病むがよろしく候です。

最近不思議と結婚願望も手放せたのです。
そしたら本当楽ちんになって、なんでこだわっていたんだ~と思いました。

結婚してもしなくてもどちらでもよし、という感じです。
統合失調症になっても、結婚してもしなくても、子供がいても、いなくても、
仕事をしていてもしなくても・・・。

みんな完璧。

すべてOK。なんでもOK。大丈夫。

みなさんも自分もはなまるなんだ、と思う私でした。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

« 生きていてくれればいいから | トップページ | 素敵に生きていこう »

病気のこと」カテゴリの記事

コメント

midoさん、こんばんは。
絶賛病み中の私です。

先日は大変だったんですね。midoさんは本当にお強いと思います。
そして、障害を受け入れられる心の豊かさ。

本当に、爪の垢を煎じて飲ませて頂きたいです。

この記事を読んで、少し元気づけられました。
有難うございます。

midoさんも、お仕事無理なさらずご自愛下さいね。

midoさん、こんばんは。midoさんはいろいろなものを捨ててこられたのですね。執着を手放されたといってもいいかもしれませんね。きっとmidoさんの気づきは、おおくの病をもたれた方の希望になると思います。 
 じつは、よっしーも統合失調症になってよかったと想っているのです。この病気に感謝してます。しかし、以前、よっしーのブログにそのように書いたところ、不快に思われた方がいらっしゃり、今はあまり公言してません。でも、やはり、よっしーは心の病になってよかった、とてもついていると思ってます。
 病気にたいするアプローチは人それぞれでしょう。病気に感謝する人、病気と闘う人。どちらが優れているとは比較できないでしょうね。でも、できることなら、共存共栄、感謝で病気を受け止めたいですね。

>Natさん

Natさん、ありがとうございます。
いろいろ大変な中、絶賛病み中の中、優しい言葉かけてくださって、うるうるです。

Natさんが一番いい方向へ行くようにいつも願っています。
うまく言えないですけれど、とってもとっても願っています^-^

私はNatさんのブログを、ブログをはじめる前よく読ませて頂いていて、
かっこよくて、パワフルで、素敵な女性がいらっしゃることにとっても魅力されていました。

年はとっても私よりお若いので、こんなおばさんがいうのも申し訳ないですが、
ずっとNatさんはあこがれの女性です♪


私も弱いところたくさんあります。Natさんの方がお強い力をおもちだと思います。
お互いへこむときもあると思いますが、いっぱい幸せに向かっていけますように。


感謝をこめて。

>よっしーさん

よっしーさん、コメント下さってありがとうございます。
よっしーさん、ご無理されないでくださいね、よっしーさんが元気のない時があったら、
影でこっそり、元気を送ってます。

よっしーさんもブログで、統合失調症になってよかった、というお気持ちを書いてくださっていた時がありましたね。
私も今は、そのお気持ちがとてもわかります。
病気という現象にこだわりすぎて、その奥にある恵みに気付かなかったんですね。
感謝で受け止める、よっしーさんの言葉はとても奥が深いです。

でも、病気に対して、そんなことを思えない気持ち、そんなこと言われると苦しくなる、
その気持ちもすごいわかります。
この病気に対しての恐れや悲しさ、そういう気持ちもたくさん味わいました。

どちらの気持ちもきっと尊い経験ですね。
そして、どっちも経験させてもらえて、私は幸せなのかもしれません。
よっしーさん、感謝をこめて。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2098096/59578905

この記事へのトラックバック一覧です: 病む時は、病むがよろしく候:

« 生きていてくれればいいから | トップページ | 素敵に生きていこう »