« さみしく思うときもあるけど | トップページ | 消費社会に参加してない生活 »

2015年2月 2日 (月)

離れて行った人達へ

ほとんど使わない古い携帯に、毎朝「midoさんおはよう」とメールがきて、私は起きます。

相手は30代に6年くらいつきあった、昔の彼氏。
私は37歳の時、後戻りできないくらい体が悪くなりました。

もう治らないな、外見も姿形も変わっていく、と知ったとき、その人がこれから出会う人と
幸せになれるかもしれないのに、私とずるずるいてもだめだ、と思い別れました。
私の入院のお見舞いにもこなかったし、気持ちがいまいちなかったのを感じていたからです。

おまけに、いろいろわかる私は、その人が時々浮気していること、そして、実は本当
にもっと好きな人がいることをわかっていたのです。
それもつらかったので、わかれました。
好きな人と一緒になるんだよ、と言ってさよなら。
時々連絡が相手から来ていましたが、辛すぎて、返事はしませんでした。
そして3年過ぎました。

40歳、統合失調症になって、とてもショックを受けている中、その人からメールが時々きました。
もう私はヤケになって、病気のこと、おかしかったこと、変な行動をメールで伝えました。
病気のことをネットで調べてと、見てもらいました。
そうしたら二度と連絡がこないだろうと思ったからです。

不思議とこの人は、私の病気を知って、また前みたいに、前以上に、連絡をくれるようになりました。
私も拒否することをやめました。

関係は友達ですが、この人が他の方に出会って、結婚などしてしまったら、私はもっと寂しくなるなあ、
って、言うのですが、それでも友達だよ、って言ってくれます。
前好きな人とはうまくいかなかった様子。
そんな中私が精神の病気になって、ほっとけない、と思った様子でした。

好きな人がその人にできたら、私は離れるような気がします。
独身で公務員、お金もたくさんあるし、優しいので、誰かと出会いそうで、とても不安になります。
誰にも出会わないでって思う時もあります(笑)
ああ、自分勝手だよなあ、その人に「友達だ」と言われているのに・・・。
でも、そういう時がきたら、その人の幸せを喜べる私でありたいよなあ、と思います。
まあ、でも今は無理かな。

人が離れていくのは辛いです。
それが執着だとわかっていても。ずっとそばにいてほしいと思う。
離れていくと、見捨てられるようで、怖くなってしまう。
それぞれが自由なのに、私の病気を知って離れるのも自由。
好きな人ができて離れるのも自由。

もっと私が自由でいたいと思います。
今は毎日電話やメールをくれる元彼に感謝して、先を考えず、もっとさらさら生きていたい。


他の離れて行った人達もたくさんいました。
せっかくできた友達たち、古くからの友達、仲良くなりかけていた人達。
それらがなくなり、悲しくて悲しくて、泣き続けていました。

福祉に詳しい人ほど、余計差別がある、と、よく聞いてましたが、
私もそうでした。
他の人は、あまり病気が知られていなくてわからないのかもしれません。
危ない、危険、大丈夫なのか?そんな風に思うのは、少し詳しい人達なのかもしれません。

離れて行った1人は、障害者や身寄りのない人達の保証人になる会社で働く、もう偉い人。
かつては私と同じ職場で働く同僚でした。
病気なんなの?と何回か、きかれて、統合失調症、と答えました。
「あ、なんか、だめだね、まずいね(終わっているねみたいな感じ)」それが返事でした。
自分の受け持ちにも同じ病気の利用者さんがいるみたいで、それなのに、それかよっ。
そういうことして、給料もらっていて、その態度かよっ。
とても怒りが生まれました。

統合失調症の患者さんを社会復帰させる指導をしている方には、
相談で聞いたら、無視でした。大学の恩師でした。

そのほかにも態度がよそよそしくなった人などいますが、本当につらかったです。
泣いて泣いて毎日過ごしていましたが、ある時、ふっと、ありがとう、と浮かびました。

「私と今まで一緒にいてくれてありがとう」

そう浮かんだ時、ようやく楽になりました。
そして、もういいや、と少し思えるようになりました。

もちろん、まだ、少しいやな気持があります。心残りがあります。
でも半分くらい、軽くなったのです。

離れて行った人達へ、ありがとう。

そして、これから出会う人達へ、私が病気のことを引け目を感じたりしないで、
心から繋がれる関係が作れる毎日を、ずっと選びます。
その先に、よい出会いがありますように。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

« さみしく思うときもあるけど | トップページ | 消費社会に参加してない生活 »

思い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2098096/58787518

この記事へのトラックバック一覧です: 離れて行った人達へ:

« さみしく思うときもあるけど | トップページ | 消費社会に参加してない生活 »