« 15年ぶりのか、か、会議!? | トップページ | 光の一歩 »

2015年2月 8日 (日)

だいすき それだけで充分

「midoさんはかわいそう」

友人(元彼)に言われました。

なんで、と聞いたら、「報われないから」だと。

友人にとっては、仕事は要所要所を押さえて、要領よくやり、
多く報酬をもらい、
認められ、人のミスをみつけ、注意して、ストレス発散だそうです(おいおい)

その人は、とてもできる人なので、それができるんですね~。
実際、認められているので。

私はもっと、なんていうか、もう少し手前、そういう物質的なものではなく、言葉にできないけれど、
そういうものが幸せと感じます。
でもやっぱり結果がでるとうれしいものね。

病気、体も少しみなさんより老化が早いし、精神の偏見・病気もあるし、お金はないし、
仕事はできないし、頑張っても認められないし、不器用ですから・・・で、まあ、報われていないのかも。

でも、私なりの経験は、大きな目でみれば、いい経験かもしれないし・・・
こればっかりは、どんな視点をもつかで全然わからないのかもなあ、と思いました。
ま、悲しくなるときもあるけれどサ。
ちょっと、その言葉にジャブ入ったけどさ。

毎日、朝昼晩、気にかけてもらって、エネルギーをたくさんその人から
もらっているのはわかっているのですが、同情の気持ちもあるのだろうなあ、と思います。
それがその人なりの優しさなのだろうなあ。感謝なんですけれどね。
私は同情というのはあまりない気がします。
なんとなく、どんな大変な人でも、尊いな、って思います。
人の感情もいろいろです。

今日は、お仕事や出来事、まだいろんなことが消化できなくて、ぼーっとしているmidoでした。
いろいろ、出来事をうまく流していくことができないのですよね。

で、気分転換にイラストをのせてみたくなりました。
カテゴリ違いというか、あまりそぐわないかもですね。

実は、趣味がイラストとぽ、ぽ、ぽえむ(ちょっとどもってしまう、恥ずかしくて・笑)です。
自己満足ぽえまーです、あはは。

絵は習ったことがないので、構図などめちゃくちゃなのですが、
体が病気になった時に、外に全く出れない中見つけた、唯一の楽しみだったのです。

内職の方には「幼稚な絵だなあ~」って言われますけれど、好きなんでしょうがない。

前のブログではイラストやポエムをよくのせていました。

今日は最近描いたイラストと、一年前、精神が辛かった時に書いた詩と絵を載せます。

今日も一日ありがとう。よい眠りがみなさんに訪れますように。

Photo_3


(先月頼まれて描いたイラスト)

Img038


この手のひらに だいすきがいつもある


月をみるたびに

花の香りをかぐたびに

あなたとはなしをするたびに


だいすき それだけで 充分


ある日 トゲトゲの心が 

だいすきなものを みんな うばいさっていった

やりたいこと たのしいこと ゆめ きぼう


だけれど わたしの てのひらは まただいすきをみつけはじめる

空をみるたびに 雪をふみしめるたびに 風にふかれるたびに

少しずつ だいすきが そだっていく


少しずつ大きくなった だいすきは わたしをつつむ

だいすき  それだけで 充分

そのきもちが 神様からの贈り物

(退院して、すぐ、自分の心が全く動かなくて、鬱と恐怖で苦しかった時、
以前の感情を思い出そうと必死に書いた詩)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

« 15年ぶりのか、か、会議!? | トップページ | 光の一歩 »

イラスト・詩」カテゴリの記事

コメント

 midoさん、こんばんは。中途覚醒のよっしーです。よっしーもあたりまえですが、障害者です。不便なことも確かにあります。よっしーが周囲の人から、このように接してもらえて嬉しいこと。それは、障害、なにそれと、ふつうに接してもらえることです。同情は一見優しくておもいやってもらえるようですが、よっしー傷つきます。相手の自己満足、優越感が感じられるからです。よっしーが屈折しているのでしょうか?
 midoさんのお友達の悪口を言うつもりはまったくありません。ただ、そのお友達はmidoさんのことを、お思いやっている自分っていいやつだなーという、自己欺瞞や自己満足をよっしーは感じます。もし、midoさんがこの投稿でお気をわるくされたらごめんなさい。ただ、よっしーも障害者として生きてきて、同情は嬉しくないし、相手の優しさともおもえないのです。
 それから、イラストやポエム、素敵です。midoさんの暖かいお心が伝わってきます。midoさんはたくさん、過酷なご経験をされてきましたよね。でも、その経験がmidoさんのこころを歪めず、きらきらひかる真珠のようmidoさんの感性をみがいてくれたように感じます。そのような暖かさ伝わってくる暖かいイラストとポエムですね。
 だいすき それだけで 充分 。midoさんの磨かれた感性が美しいことばをつむいでいますね。こころをうつ言葉って長い言葉ではないんですよね。短い言葉にそのひとの全てが凝縮されている。midoさんも、いつか作品がたまったら、個展をひらいてみたらいかがですか。
 個展はさておき、また、midoさんのこころあたたまるイラスト、ぜひ拝見させていただきたいです。

>よっしーさんへ

おお、中途覚醒ですか^^
そんな中訪問してくださってありがとうございます。
私は珍しく、まだ寝ていなくて、内職をやっていますよ。
バイト明けの今日だけは夜更かしを自分に許可してます^^

いろいろと真剣に気にかけてくださってうれしいです。
全然卑屈ではないです!
同情は優しさではない、いろいろご経験が深い方がわかることだと思います。

私の個性的方面の知り合いは、統合失調症?別に。っていうかたが普通なんですね。
風邪をひいているのと同じくらいの感覚の人がいると、なんだかありがたいです。
電車で叫んじゃうかも、って話したら、「大丈夫よ、それくらい、全然平気じゃん」
なんて言ってくれた人もいました。懐が広いですよね~。

そういう人はエイズでも、あ、そう、なんかいいもの食べて健康でいないとね、
みたいな感じなんですよ。
素敵ですよね。

私が病気になる前も、知り合いに統合失調症の方がいらっしゃったのですが、
私も、病気にこだわらない一人でした(笑)
でも自分がなってみて、やっぱり、落ち込みましたね。
人はよくても、自分がなって落ち込むとは、
自分の中に、少し優越感みたいなものがあったのかな、と、思いました。

日記に登場した友人とは知りあってもう20年近いのですが、価値観がいろいろ違って
それがおもしろいこともあったのです。
彼の中では、同情、という気持ちが精いっぱいの優しさなんだろうなあ、って感じます。
報われてほしい、そう思ってるみたいです。
確かに、自分はすごいぞ、っていうのはあるでしょうね~。
一般社会で生きていくのに、そういうのが多分必要なのですね。

同情は傷つくこと、そういうこともあまりピンとこないのかもしれません。
それは、あんまりうれしくない、と伝えても、ピンとこないのだと思います。

でも、私も勉強になることがたくさんあって、私もいろんな面があるように、
人はいろいろな面があって、よいのかもなあ、なんて、最近は思っているんですよ。

何を言われても、私は私を生きるのだ、そう思っています。
よっしーさんも私も障害者の前に、ひとつのいのちですし、やっぱり尊いです。


全然気分を悪くなんてしてません。
本当心のこもったコメントに、心が洗われ、安らぐようです。

今回の出来事は、いろいろ感じる自分をよく観察できて、
自分の中のこだわりをまた手放せたような気がします。
よっしーさんの思いやりもいただけて、ありがたいですね。今日もいい日です♪

またイラストのせますね!
見てくださってありがとう。
イラストを見てくださる方が幸せになるとうれしいな、それが私のただ、ただ、下手も上手もなく、
描きたいという気持ちの原点です♪


では、おやすみなさぁい~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2098096/58867863

この記事へのトラックバック一覧です: だいすき それだけで充分:

« 15年ぶりのか、か、会議!? | トップページ | 光の一歩 »